伏伸の滝鵜養秋田市
花椛雪(別館) トップへ戻る
伏伸の滝は岩見川鵜養(うやしない)岨谷峡(そうやきょう)上流にあります。
伏伸の滝 2011/11/15



伏伸の滝 2011/07/29



伏伸の滝 2011/10/16



鵜養地域観光総合案内板



伏伸の滝 説明看板

伏伸の滝(ふのしのたき)  説明看板から引用
 河辺町史によると、昔は滝つぼに鱒が多く集まり、農作業に使う「もっこ」を仕掛けて鱒を捕ったことから「もっこ滝」と呼ばれていた。その後、鱒があまりのぼらなくなり、古い名が忘れられ、いつからか伏伸の滝といわれるようになった。
 江戸時代の紀行家・菅江真澄(すがえますみ)は、日記「勝手の雄弓」に伏伸の滝の図絵を残しており、このあたりが昔、湖であったという物語があり、鵜養(うやしない)という地名があることからも、鵜の州、鵜の巣などが訛ったものではないかとしている。
花椛雪(別館) トップへ戻る